大切な作業として有名

工具を持つ人

エレベーターの保守点検は定期的に実施することが大切で、専門のメンテナンス業者に依頼すると良いです。基本的にエレベーターの専門業者に保守点検を依頼すると、20万円前後の費用が必要です。エレベーターの保守点検はとても大切な作業なので必ず定期的に実施しましょう。

詳しく見る

安全対策はしっかりと

手

エレベーターの保守点検は安全を保つのに必要なものです。安全性を保つためには、頻度が低すぎないか確認する必要があります。コスト削減したいのならば会社を変えたり、契約内容を変えたりするのも一つの手といえます。

詳しく見る

メンテナンスの注意点

エレベーター

メーカーか独立系か

エレベーターの保守とは故障を未然に防ぎ、異常な箇所が見つかれば部品交換をするなどの適切な処置を行う事を指します。エレベーターの保守にはPOG契約とフルメンテナンス契約があります。POG契約は定期点検、管理仕様範囲内での消耗品の交換を含む契約の事です。フルメンテナンス契約は消耗品や部品の交換、修理を含んだ契約の事です。いずれにも長短所はあります。POG契約は修理して使えるものは修理をして無駄な出費を抑える事が出来ます。フルメンテナンス契約はその都度、見積もりや支払いがない分、予め必要経費を計上しておける為、マンション管理には適しています。ではどこの業者にそれらを委託するべきなのかですが、一般にはエレベーターを提供しているメーカーがあげられます。長年のノウハウと経験が豊富な事、安心感さらにブランド力で信用もあります。ただ一方でコスト面では高めに設定されている傾向があります。エレベーターを供給する際には保守も含んでいますので、供給は安くしておき、保守費用が高めになっていると考えられます。他の業者では独立系のものがあります。こちらはメーカー側の提示価格より安い点で魅力があります。昔と違い保守業務はメーカーの寡占状態ではなく、独立系も加わり価格競争で値段設定も安くなっています。また使用する部品にもほぼ違いはありません。強いて言えば、大規模災害などの発生時における対応は大手メーカーの総合的な対応力が勝る事などでしょうか。実際に検討する時に会社の経営姿勢と対応する社員の人柄や見積もり内容をしっかり見比べてみる事です。