フローリングワックスを塗ればツヤツヤな床になる

メンズ

意外に難しい施工

男性たち

相応の技術や知識が必要

塗膜を形成するフロアコーティングは、フローリングを傷や汚れから守るのに最適な方法です。耐久年数も長いので1度でも施工すれば数年、長ければ数十年はフローリングを守り続けることができるのが特徴です。それだけ性能が良いのであれば、塗料を自分で用意してフロアコーティングをすれば安く済ませることも可能でしょう。しかし、フロアコーティングはフローリングに塗装するだけの簡単な作業と思われがちですが、塗料の種類についての知識や塗装の技術などが必要になってくるため、慣れない人が施工するには無理があると言えます。コーティング材には水性と油性による違いだけでなく、アクリルやシリコン、ウレタンなど何種類もの種類が存在します。それぞれに耐熱性や耐薬品性などの特性があり、ライフスタイルによって選択する必要が出てきます。また、それに伴う施工方法やメンテナンス方法が変わってくるため、専門知識なしにコーティング材を決定するには難しいと言えるでしょう。コーティング材を決めることができたとしても、塗装するためには技術や機材が必要になってきます。ただ刷毛で塗るにしても塗りムラができたり、仕上がりが中途半端になってしまう可能性もあるのです。また、UVフロアコーティングの場合は樹脂を硬化させるための紫外線照射装置を用意しなくてはならず、素人では準備や使い方を考えるだけで一苦労となります。フロアコーティングは塗装すれば数十年は保つ反面、満足できる仕上がりでないとストレスになってしまうことにもなりかねないので、失敗しないためにも知識や経験を持ったプロに依頼するのが良い方法となります。実際に依頼しなければわからない部分も多いですが、しっかりした業者なら資料請求とともにサンプルを見せてくれるところもあるので、見積もりと一緒に慎重に選ぶようにしましょう。